« 『3.11 絆のメッセージ』で書いた記事 | トップページ | 警戒区域内の「現実」を伝えるのは誰だ? »

警戒区域で生き続ける牛たち[福島県浪江町/2011.6.12]

6月11日と12日、福島県の相馬市、南相馬市、浪江町、川俣町、飯館村などを取材してきました。

とくに今回は、ある映像家から、東京電力の福島第一原発の影響で立入禁止になっている区域周辺の案内を頼まれたので、原発の北部や西部を重点的に取材しました。

その中で、『3.11 絆のメッセージ』でも紹介した牧場の様子を、ニコニコ動画にアップしました。

この牧場は原発から約13〜14キロ地点にあり、動画にもあるように、敷地内では高い放射線量が計測されていますが、今後、研究素材として牛を飼育し続けるという事になりましたので、これからも継続取材をさせてもらいたいと思っています。

*  *  *  *  *  *  *

 

3.11 絆のメッセージ Book 3.11 絆のメッセージ

著者:被災地復興支援プロジェクト
販売元:東京書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

|

« 『3.11 絆のメッセージ』で書いた記事 | トップページ | 警戒区域内の「現実」を伝えるのは誰だ? »

g.東奔北走」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警戒区域で生き続ける牛たち[福島県浪江町/2011.6.12]:

« 『3.11 絆のメッセージ』で書いた記事 | トップページ | 警戒区域内の「現実」を伝えるのは誰だ? »