« 台東区でインド料理を食べるなら……〈SULTAN 上野店〉 | トップページ | ようやく新年が明けて…… »

『芝浜』と『文七元結』に見る「50両」の価値

2週間ほど前、用事があって朝6時に羽田空港に行った帰りの事。羽田から湾岸通りを走って6時半を過ぎもうすぐ7時という頃、ようやく東の空が明るくなりかけてきた。場所は品川埠頭のすぐ近く。お台場へ架かっているレインボーブリッジの袂だ。

「お! こいつはひょっとすると……」
と思って品川埠頭に車を止めて、携帯電話のカメラで撮ったのが下の写真。

Cb0812291

この朝焼けが、落語の中ではとても有名な『芝浜』の朝焼けだ(噺に出てくる芝の浜は、品川埠頭から1500mほど北に位置する港区芝浦あるいは芝と考えられる)。

『芝浜』は、「師走になれば、毎日誰かが高座にかけている」とまで言われるほど、年末の代表的な噺。年末どころか、落語の中ではもっとも有名な噺の一つとも言える。

「よく空色って言うと、青色のことを言うけども、いや、この朝の日の出の時には空色ったって一色(ひといろ)だけじゃねぇや。五色(ごしき)の色だ。えぇ?どうでぃ。小判のような色をしているところあるってぇと、白色のところがあり、青っぽいところもあり、どす黒いところあり、えぇ? あぁ〜ぁ、きれいじゃねぁか。ほれ、お天道様が出てきたぜ……」

「芝浜といえば三木助」とまで言われた三代目・桂三木助は、こんな風に描写しているが、まさに五色の光。
今ではお台場のテレビ局のビルやら、封鎖のできない橋やらが架かっているんで、ずいぶんとロケーションは違うだろうが、150年前、呑んべいの魚屋・勝五郎が芝の浜に立って見た空も、きっとこんな色だったんだろう。

*  *  *  *  *  *  *

師走の人情噺と言えば、もう一つ有名な噺が『文七元結』だ。

『芝浜』とともに三遊亭圓朝の作品と言われているが、『文七元結』は、1892年に大阪で十一世・片岡仁左衛門によって歌舞伎化され、1902年に五世・尾上菊五郎が『人情噺文七元結』という外題で演じて以降、歌舞伎の舞台でも代表的な人情話となった。僕は最近まで知らなかったのだが、実は度々映画化もされてきたらしい。
今でも毎年のように歌舞伎の舞台にかけられ、今年は、映画監督の山田洋次が演出をし、中村勘三郎が主役を演じた舞台をカメラに収めて「シネマ歌舞伎」と称し全国の映画館で上映した。僕はこの時の舞台を生で観たし、シネマ歌舞伎も観たが、残念ながらそれほどいい舞台ではなかった。
まぁとにかく、この歌舞伎の『人情噺文七元結』は僕がもっとも好きな人情話だし、落語でも『芝浜』より『文七元結』の方が断然好きだ。今月は、仕事をしながら、ITunesからいろいろな噺家の『文七元結』を流して聴き比べ楽しんだ。

主人公である左官の長兵衛は、腕のいい職人でありながら博打好き。宵越しの金は持てないという典型的な江戸っ子の職人。
明治維新によって江戸が東京となり、薩長の田舎侍が我が物顔で街を闊歩しているのが気に喰わなかった圓朝が、「これが江戸っ子だ!」と創作したため、江戸っ子気質が誇張されているとも言われている。だが、そんなことを言えば、歌舞伎に出てくる花川戸の助六は、理想的な江戸っ子と言われているが、SFに出て来るスーパーヒーローとして誇張して描かれているわけで、ある意味では長兵衛の方がよほどリアルな江戸っ子像だったと思う。

Cb0812292

*  *  *  *  *  *  *

さて、この『芝浜』と『文七元結』、どちらの噺も、師走にもかかわらず穀潰しの亭主せいで年を越すのもママならないという設定とともに、とても重要となるキーワードが、「五十両」という金だ。

ここでようやく今日の本題。
いろんな人が「落語に出てくる貨幣価値」を解説しているが、僕なりこの2つの噺に出てくる「五十両」というお金を解釈してみたい。
かなり長くなるので、詳しい算出やここで想定する概念については、コメント欄を見てほしい。

コメント欄に書いているのでここでは詳細を省くが、左官の長兵衛にとっては「1両=10万円」、財布を拾った時点の魚屋・勝五郎にとっては「1両=40万円」くらいの感覚だったはずだ。つまり、この2つの噺で出てくる「50両」とは、「500万〜2000万円」くらいの感覚と思えば大きな間違いはないだろう。

もっとも、あまり面倒な計算や検証などしなくても、もっと簡単に考える方法がある。

あなたは、自分の両親のために娼婦になって身を売らなければならないとしたら、一体いくらくらい要求するだろうか? たぶん、18歳〜25歳くらいまでの青春期を吉原という狭い場所に隔離され、日夜男を相手に過ごすことになる。もちろん、当時はそういう世界があまり遠くないところに存在していたわけで、今とは決して同じ感覚ではないだろうが、それでも何年も過酷な労働に従事するために、あなたはいくらくらい要求するか?
『文七元結』に出てくる娘・お久は、博打で首の回らなくなった父親のために、自分の身を売る事を決意して、結果的に50両という金を父親に持たせる。

あるいは、あなたは、見つかれば警察に捕まり重罪として処分されることを覚悟しても、それでもネコババしたくなるほどの大金とは、一体いくらくらいだろう?
『芝浜』に出てくる勝五郎の女房は、亭主が死罪になる事を恐れて亭主を騙すことを決意する。当時は横領に厳しい時代だったとはいえ、10両の横領で死罪となった。その5倍もの金額だ。

こうやって考えて、500万円でも2000万円でも、あるいは1億円くらいの感覚でもいいので、自分なりの「あぁ、そんなに大金なのか」と思える金額が、『芝浜』や『文七元結』の50両という金額だ。

*  *  *  *  *  *  *

ま、いろいろと長くなったが、最後に書いたように、細かい計算なんかあまり意味はなく、適当に想像しおけばいいんだと思う。考えるヒントは、きっと噺のなかに隠れている。
そういう想像力は、古典に限った事ではなく、どんなエンターテインメントにも必要だ。
それに、少し慣れさえすれば、自分で適当に想像する方が、楽しいし楽だ。
それでも分からない演目に当たったら、それはきっと噺家が下手糞なんだ。
こんなに理屈っぽい僕が言うのもなんだが、七面倒くさい理屈で考えずに、そう思って噺家のせいできるのが、落語というもんだと僕は考えている。



【参考文献】
『江戸物価辞典』(小野武雄著/展望社)
『大江戸まるわかり辞典』(大石学編/時事通信社)
『お江戸吉原ものしり帖』(北村鮭彦著/新潮文庫)
「日本銀行金融研究所貨幣博物館解説」
「落語のあらすじ 千字寄席」


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

|

« 台東区でインド料理を食べるなら……〈SULTAN 上野店〉 | トップページ | ようやく新年が明けて…… »

e.娯楽観想」カテゴリの記事

コメント

【幕末から明治初期における「1両」の貨幣価値】

幕末から明治初期にかけては、物価が急激にインフレへと流れたはずなので、単純に考えることはできないが、とりあえずこの2つの噺は、明治初期に成立したと考えられるので、その時期の文献から考えてみた。

日本銀行の金融研究所・貨幣博物館の解説によると、
「一応の試算として江戸時代中期の1両(元文小判)を、米価、賃金(大工の手間賃)、そば代金をもとに当時と現在の価格を比較してみると、米価では1両=約4万円、賃金で1両=30~40万円、そば代金では1両=12~13万円ということになります。
 また、米価から計算した金一両の価値は、江戸時代の各時期において差がみられ、おおよそ初期で10万円、中~後期で3~5万円、幕末頃には3~4千円になります」
となっている。
江戸中期から後期にかけて、約2〜5倍の物価上昇になっているはずなので、米価のように大工の手間賃を考えると、1両は約10万円くらいになるだろうか。

また、『江戸物価辞典』(小野武雄著/展望社)によれば、明治元年時点の貨幣価値として、月に1両2分(=1.5両)で裏店長屋の住人なら親子5人が暮らせて寝酒に1合が飲めたとあり、左官・大工の手間賃は、一日約400文(約0.04両)が平均だったという。
当時の左官達は、盆暮れ正月を除けば日曜日や祝日のような定休日はないが、一つの仕事が終わって次の仕事までに何日間かの休みがあったと思われるので、ここではざっくりと年間300日くらい働いていたとする。そうすると、年間約12両を稼いでいたことになる。裏店長屋の5人家族が年間に18両消費していたことになるから、おおよその見当も合う。
現代の平均的なサラリーマンは、国税庁のデータを元にすれば約450万円くらいと考えていいと思うので、それをベースに考えると、1両は35〜40万円くらいということになる。

ということで、貨幣博物館では1両=約10万円、『江戸物価辞典』では1両=約40万円となる。
物価指数の算出方法によって変わってくるので、このくらいの誤差は仕方がない。

 *  *  *  *  *  *  * 

戦後「一億総中流」と言われる現代になると、国民の経済格差が減って経済的な庶民階層が、表面的にはあまりなくなった。もちろん、口のひん曲がった総理とかいうお大尽のように、庶民感覚と大きく異なった金銭感覚の持ち主はいるが、まぁ一般的な感覚というのはおおよそ共有されていると考えていいだろう。
ところが、古典落語に出てくる世界では、登場人物によって金銭感覚が大きく違う。

そこが、昔の金銭感覚の分かりづらいところだ。

まず、いくつかの経済的階層に分けて、分析してみる。
貨幣博物館の解説にあるとおり、商品ごとに考えると、当時の商品やサービスの需要によってかなり大幅に変わってしまうので、前段として、日々の生活費全般との関係から分析していると考えてほしい。

大店の旦那やご隠居といえば、今で言えば大企業の創業者。放蕩三昧の若旦那は、口のひん曲がった馬鹿総理と同じような感覚だろう。とにかくこの階層は、例えば吉原の遊女の身請けをするなど、金に困る事はない。こうした人たちにとっては、「一両=5千〜1万円」くらいだっただろう(ここが第2階層/これより上に大大名や大富豪など支配階層がいる。上方落語の鴻池や茶金さんなどで、そこが第1階層)。

大店の番頭や、大工の棟梁、旗本クラスのお武家さんは、その次の階層。今でいえば、高級官僚、中小企業の社長、大企業の部長クラスのエリートサラリーマンというところだ。このクラスの人たちにとっては、「一両=3〜5万円」(第3階層)。

で、その下に、腕のいい職人や、ある程度は生活基盤のしっかりしている町人、吉原で町人を相手にする「小見世」と呼ばれる中程度の遊女たちの金銭感覚がある。一般的に「江戸の庶民」という時、このクラスの階層をイメージしていると言っても間違いないだろう。この金銭感覚が「1両=10〜20万円」くらい(第4階層)。

さらにその下に、貧乏長屋で暮らしているような階層があった。その日暮らしの人間から、女性の稼ぎだけで細々と暮らしているような家族もある。落語『黄金餅』に出てくる金兵衛の暮らす下谷山崎町の裏長屋の住人たちがこの階層だ。ここの人たちにとっては「1両=30〜50万円」となる(第5階層/これより下の最下層として、乞食ともおこもとも呼ばれる第6階層があった)。

 *  *  *  *  *  *  * 

『文七元結』に出てくる左官の長兵衛は、江戸の左官職人の中でもかなり優秀だったようなので、本来なら第4階層の中でもやや上等な階層、あるいは精進すれば第3階層にもなれるほど。噺の後日談として、婿養子の文七は商売で成功するので、将来的には第3階層になると考えて間違いない。
そうして考えると、長兵衛が借金を精算し仕事を再開するために必要として、佐野槌の女将さんに借りた50両は、500万円くらいだろう。江戸で有数を持っている左官が、一からやり直すとはいえ、一所懸命商売をして、1年で返そうと思えば不可能な金額ではない。100万円では少ないし、1000万円では庶民感覚として現実味がない。

『芝浜』に出てくる魚屋の勝五郎は、最初は第5階層だ。住まいとして設定されている金杉橋界隈には貧民窟の裏長屋があった。映画『花よりもなほ』(2006年)や『竜馬の妻とその夫と愛人』(2002年)を観た人は、あの汚い長屋を想像すればイメージし易いだろう。そもそも棒手振りの商いは、それほど資金も必要なく誰でも始められる商売で、貧しい者にとっては手を出し易い商売だった。魚や野菜を運ぶ棒手振りは、江戸の庶民にとっては重要な食料供給源だったので、腕のいい棒手振りは徐々に商いを大きくしていくこともできたようだ。勝五郎は第5階層にいたが、真面目に働いて3年後には第4階層になったと考えるべきだろう。
勝五郎が海の中で拾って、ネコババすればしばらくは遊んで暮らせると考えた50両は、2000万円くらいではないだろうか。「とにかく一般庶民にとっては大金」と思えればいいので1000万円でもいいんだが、ニュースで詐欺事件を見ていると1000万円以上の被害に遭っているというケースも頻繁にあるし、ギャンブルに身を落とし数千万円の借金を抱える庶民がいるということも聞くので、切りのいい1000万円より2000万円くらいの気がする。

投稿: 真公 | 2008年12月30日 (火) 02時39分

【余談:歳をとった勘太郎】

6〜7年前に、勘三郎の長兵衛、染五郎の文七の舞台を観たが、この時の方が「シネマ歌舞伎」の時よりもいい舞台だった記憶がある。
何度か勘三郎の長兵衛を見ているが、たしかになかなか仁にあった長兵衛だろう。
だが、それよりも息子の勘太郎がもう少し歳をとってから演じた方が、もっと仁にあう気がする。「シネマ歌舞伎」では文七を演じている勘太郎だが、勘三郎にない暑苦しさというか、泥臭さがある。剽軽な下町っ子を演じてもどこかお調子者の若旦那のように見える勘三郎よりも、勘太郎の方が江戸っ子の町職人には合うんじゃないだろうか……。
勘太郎が歳をとってから長兵衛を演じてくれる事が、今から楽しみだ。

投稿: 真公 | 2008年12月30日 (火) 03時05分

 1go1exさんところから跳んでまいりました。
 お金の換算は難しいですね。「紺屋高尾」では、染物職人の久蔵の給金が年三両、高尾を座敷に呼ぶだけで十両・・・という設定になっておりますが、とにかくお金が絡んできたときにまじめに考えようとするとどうにもならなくなりますね。
 ワタクシは、「すごい金だなぁ」と流すことにしておりますが。ホントはきちんと説明できなければいけないのでしょうが(高校生に日本史などを教えてますから)。

投稿: まろ | 2009年2月 9日 (月) 13時53分

まろさん、こんにちは。
知り合い以外はほとんどコメントを残してくれないので、とても嬉しいです。

「紺屋高尾」の時代は、江戸中期くらいと思われますので、また物価も全然違うでしょうね。まぁそれでも一所懸命働けば3年(でしたっけ?)で溜められる設定ですから、そこから類推するしかないですね。
まぁ僕も、普段は「すごい金だなぁ」です(笑)。
ちょっと前に歌舞伎で「文七元結」を見て、その直後に吉原の本を読んだときに気になったので、調べたのを、年末にまとめて書いて見た次第です。

投稿: 真公 | 2009年2月 9日 (月) 18時10分

はじめまして、こんにちは。
「50両」について調べておりましたら、こちらの記事に出会いました。

恥ずかしながら、どちらの演目もまだ聴いたことがありませんので、斜め読みさせていただいたのですが、最後の部分には目から鱗の気持ちになりました。
落語は面白いですねー。
一言お礼をお伝えしたく、コメントさせていただきました。
それでは、しつれいいたします。

*ブログで勝手に引用させていただいたのですが、もしご都合が悪いようでしたらお知らせください。

投稿: mico | 2010年3月 6日 (土) 00時49分

micoさん、こんにちは。

どうぞどうぞ、引用してください。
参考になれば幸いです。

投稿: 真公 | 2010年3月 7日 (日) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『芝浜』と『文七元結』に見る「50両」の価値:

« 台東区でインド料理を食べるなら……〈SULTAN 上野店〉 | トップページ | ようやく新年が明けて…… »