« 涼のとり方、それぞれに。 | トップページ | 市が終わり、梅雨も明け、花火が上がれば、夏が来る……〈朝顔市〉その1 »

魚が旨いと感じる年頃……〈味幸〉

久しぶりに長屋界隈の紹介。
この数年の間に、この界隈にもいろいろとお店ができて、お陰で気の利いた店も増えてきた。

以前、「おふくろの味 定食屋」を紹介した時に、「魚を食べたくなったら『定食屋』」と書いたが、この長屋からすぐ近くに、もっとお薦めの店ができた。

それが、「魚屋さんの弁当・定食 味幸(みゆき)」。

*  *  *  *  *  *  *
Cb08071802

以前はもう少し御徒町に近いところでお店を出していたらしいが、去年だったか、今のところに移転された。

メニューはすべて、魚介類の定食、もしくは弁当(弁当用メニューを見たい人は、→ここをクリック←。2008年7月現在のメニュー。ただし、季節によってメニューは変わると思うので、その点は要注意)。

定番メニューだと、「さば塩焼き弁当」や「ねぎとろ丼」を注文することが多い。旬の季節になると「さんまの塩焼き弁当」「天然ぶりの照り焼き弁当」ばかりを食べている。ほかに「さんま明太子弁当」は、さんまのワタのところに明太子がつまっていて、香りがよくなかなかの美味。
この店の良さは、何よりも素材だ。「魚屋さんの」というフレーズ通り、どのメニューも素材の味を活かしている。「魚が旨い定食屋」ということ以上に、多くの言葉はいらないだろう。
刺身系はそれほどでもないことと、ボリュームが気持ち少ないと思うところがマイナス点だが、いずれにしても近所の気軽なランチと考えれば十分に満足いく。

この界隈では、かなり評判がいいようで、店先の弁当コーナーは、昼前から行列ができることもある。
僕の知り合いも利用している人が多いらしく、この長屋の大家さん、近所のクライアント、ご近所さんたちとバッタリと遭遇することがあるので、もっぱら弁当を買って家で食べることにしている。
サラリーマンの利用が多いので12:00〜13:00くらいは混んでいるようだが、ちょっと時間をずらせば落ち着いているので、本当は店内で定食を食べるのがいいだろう。

下の写真は、「沖ぶり照り焼き弁当」。先日伊豆に行ったときに買ってきた塩辛と、先日紹介した「栃木屋」でかったオカラを添えて。

Cb08071801
*  *  *  *  *  *  *

年々、魚を食べる割合が高くなっている。
学生の頃は肉と魚の比率は19対1くらいだったのが、最近は1対1か2対1くらいになってきただろうか……。
夏になると、魚と肉すら食べないで、サラダだけとか、そばだけとか、食欲がない時はアイスだけとか、それだけで過ごす日もしばしば。

そろそろ土用の丑だが、うな丼よりも、「味幸」のまぐろづけ丼の方が食指を動かされる。
ま、歳なりの楽しみ方をするということで……。


【名 称】魚屋さんの定食・弁当 味幸(みゆき)
【住 所】東京都台東区東上野2-2-4
【電 話】03-3844-3306
【営業時間】11:00〜15:00/定休=土・日・祝
【アクセス】銀座線「稲荷町駅」を出て、浅草通りと交差
      する清洲橋通りを浅草橋方面へ。2つ目の信
      号を右折。一つ目の路地(角に「ベア」を左
      折。100mほど先の左手。
      大江戸線「新御徒町」からは、清洲橋通りを
      入谷方面へ。「白鴎高西」を左折。一つ目の
      路地を右折し、100mほど先の右手。
【MAP】「長屋界隈」の地図は→こちらをクリック←
     地図上の「35」番がこのお店
【食べログ】味幸 ★★★★ 3.5

↓食べログでは、ココで掲載した以外の店も紹介しています。
食べログ グルメブログランキング にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

|

« 涼のとり方、それぞれに。 | トップページ | 市が終わり、梅雨も明け、花火が上がれば、夏が来る……〈朝顔市〉その1 »

d.下町風情」カテゴリの記事

f.雑食私感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1003631/22376013

この記事へのトラックバック一覧です: 魚が旨いと感じる年頃……〈味幸〉:

« 涼のとり方、それぞれに。 | トップページ | 市が終わり、梅雨も明け、花火が上がれば、夏が来る……〈朝顔市〉その1 »