« 悪ふざけが過ぎないか? | トップページ | 有名な歌舞伎の話
(歌舞伎「義経千本桜」その1) »

10月の仕事

7月からある書籍の仕事を進めているのだが、思ったようにはかどらないで時間ばかり過ぎている。
おかげで他の仕事をほとんど出来ずに困った状況になってきているのだが、自分の責任も大きいので文句も言えない。

さて、そんな中でお手伝いした仕事の紹介。

磨け!閃き力
——発明、商品開発、ビジネス、時代先取りへの道

Cb051031

ソニーで映像機器の商品企画・開発・設計を担当し、その後独立して特許流通アソシエイト、ビジネスコンサルタントなどとして活動している著者による、“閃き”をテーマにした実用本。様々な発想法から、発明、商品化、特許などの知的財産など、あらゆる“閃き”に関する事柄について、135編のコラムが綴られている。

これまで実際にあった“歴史的な閃き”についてもたくさん紹介されていて、それだけ読むだけでも、想像力を刺激される気がする。

版元の言葉によると「〈閃き〉を単なる思いつきにとどまらせず、発明品への具現化、その商品化、あるいはビジネスへの応用、また特許・意匠登録といった知的財産化にまで言及し、広く〈閃き〉を生かす方法がわかる。また、〈閃き〉を生む力をつけることは、単に仕事に生かせるというだけでなく、常識にとらわれることなく発想を広げ、人生を豊かに生きていく力をつけることでもあり、本書はその強力なサポート役となる」とのこと。
たしかに、今の僕は若干仕事が行き詰まり気味であまりアッパーな状態ではないのだが、この本を読み進めているうちに前向きな気持ちになった。

発明に興味のある人、商品の企画などに携わっている人が主なターゲットだろうが、僕のように行き詰まり気味の人にとっても、状況を打開するヒントが隠されているかも知れないと思う。

*  *  *  *  *  *  *

この仕事、忙しいということもあって、組版をお手伝いしただけ。
残念ながら、いま抱えている仕事が片づかなければ、他の仕事に手をつけることもできない。
どうなる?どうする?大丈夫か?……

【書名】磨け!閃き力
    ——発明、商品開発、ビジネス、時代先取りへの道
【著者】木村勝己
【発行】まどか出版
【定価】1575円(本体1500円+税)
【規格】四六判/並製本/222頁
【ISBN】ISBN4-944235275

|

« 悪ふざけが過ぎないか? | トップページ | 有名な歌舞伎の話
(歌舞伎「義経千本桜」その1) »

c.活字生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月の仕事:

« 悪ふざけが過ぎないか? | トップページ | 有名な歌舞伎の話
(歌舞伎「義経千本桜」その1) »